財産分与の対象となる財産

婚姻生活中に夫婦で協力して築き上げた財産を、離婚の際にそれぞれの貢献度に応じて分配するのが財産分与です。民法でも離婚の際は相手方に財産の分与を請求できるとされています。離婚する際には後々トラブルにならないように、財産の分与について取り決めを行う必要があるのです。
そんな財産の分与の対象になる財産とはどういったものなのでしょうか。

 

 
財産には共有財産と特有財産があります。対象となるのは主に共有財産です。
共有財産とは婚姻中に夫婦の協力により形成・維持された財産で、その名義を問わず分与の対象となります。ただ、たとえ離婚前であっても、別居中に取得した財産は夫婦が協力して得た財産とは言えないので分与にあたりません。
一方、婚姻前から片方が有していた財産は特有財産として分与にはあたりません。しかし、特有財産でも婚姻中に夫婦が協力したことによって価値が維持されたと言える場合や、価値が上昇したという場合は、貢献度の割合に応じて分与にあたることがあります。
また、債務については、夫婦の共同生活を営むために生じた借金は、夫婦共同の債務として財産の分与の際に考慮されます。しかし、もっぱら自分のために借り入れた借金は分与にはあたらないとされています。

Comments are closed.