離婚後も財産分与の請求はできるか

夫婦仲が不仲になってもう修復不可能になり、双方合意のもと離婚の手続きを取ったとします。それで自分名義の物と相手名義の物を仲良く分けて、それぞれ保有をすることにしました。

 

 

しかし財産分与という方法が有り、婚姻期間中に作った財産は名義が関係なく分与の対象だと知って、改めて財産の分与を配偶者側に要求するのですが、この離婚後に財産分与を請求する行為が認められるかといえば、認められます。しかし時効が2年なので2年以内に請求をする必要が有ります。

 

 

しかし問題が有って、離婚の後に財産の分与を要求するのですが、婚姻中に有った財産が処分されていた場合、請求が難しくなります。財産分与は離婚の後に作られた財産は分与の対象外でして、それらと混ざれば分与が難しくなります。そして公正証書で分与の取り決めがされていない為、相手方は分与対象の財産を自由に処分出来ます。

 

 

だから婚姻中に作られた財産も、すでに処分されていたら、分与することは出来なくなります。ゆえに財産分与を改めて求めるなら、急ぐ必要が有ります。そして相手方の合意を得られないなら、家庭裁判所に調停の申し立てをして、家庭裁判所で財産分与について話し合う必要が出て来ます。

Comments are closed.