離婚に際して財産を隠そうとしている場合の対処法

離婚の際によく揉めるのが、お金の問題です。結婚したからと言って、妻独自の保有しているお金が夫のものになることはありませんし、その逆も同じことが言えます。ただし、婚姻後にためたお金は共有のものとして認められますので、分与対象となります。

 
分与しなければならない分があるにも関わらず、支払う方が隠すことを目論むケースもあります。具体的な方法としては、所有が知られていない別の口座に移したり、現金にしてどこかに隠すといった手段が取られます。財産の存在自体が分からなくなったり、正確な額を把握することが難しくなれば交渉を有利に進めることはできません。そうならないためにも、支払う側に対して仮差押え命令の申立てをしておくと安心です。これは、裁判所に申し立てを行います。裁判所が申立てを認めれば、仮差押えの決定が出されます。その後は支払う側が自由にお金を動かすことができなくなりますので、きちんと分与に関する詳細が決められるまで一定の状態を保つことができます

 

。ただし、これは金銭での場合ですので、不動産取得のケースでは対処が異なります。不動産の場合は、裁判所に処分禁止の仮処分の申立てを行い、名義移転等の行為を禁ずる決定を出してもらう必要があります。

Comments are closed.