離婚の財産分与請求権の時効

離婚を成立させる前には様々な話し合いが行われ、それぞれが納得のいく形で離婚を進めていくこととなります。

 

 

慰謝料の請求、財産分与、子供の親権や養育費の問題など様々な話し合いが行われます。
すべてが解決してから離婚を成立させる場合もあれば、解決を待たずに離婚を行う場合もあり、慰謝料や財産分与については離婚後に話し合うという場合もあります。

 

 

財産分与は婚姻生活中にふたりが築いてきた財産を分配することで、法的にも認められています。
そして、離婚を急いでしまうと、本来もらえるべき財産をもらえずに別れてしまうという場合もありますので、焦らず落ち着いて行動していきましょう。

 

 

そして、後日に財産分与の請求を行う場合は、財産分与請求権がいつまで有効なのかも確かめておく必要があります。

 

 

やはりこうした請求権にも時効があり、成立してしまうと請求することはできなくなってしまいます。
離婚における財産分与の請求は離婚後2年可能となっています。

 

 

そして2年という期間は財産分与ができる期間ではなく、請求権を行使できる期間であることを理解しておきましょう。

 

 

いずれにしても、後でトラブルにならないよう、こうした手続きはできるだけ早めに行うようにしたいものです。

Comments are closed.