「へそくり」は財産分与の対象か

妻が夫に内緒で自分のためのお金を貯めている、もしくはその逆で夫が妻に内緒で自分のためのお金を貯めていることを「へそくりと言いますが、これはだいたい、どのご家庭にもあります。

 
夫婦が離婚をするとき、その貯まった金額が3万円、5万円、10万円くらいまでなら、そんなに騒ぎになることも少ないと思います。

 
ですが、金額が何十万から何百万、あるいはそれ以上の金額でしたら、また話は別で、大きな問題になってきます。

 
妻が夫に内緒で貯めたお金だと言っても、結婚をして夫婦となり、婚姻中の2人が協力をしてきて得た財産なわけですから、財産分与の対象になりますし、妻がそのお金で買ったものも当然、財産分与の対象になります。

 
内緒で貯めていたのですから、離婚時にも相手に言わず隠し通し、相手がそのお金の存在を知らないまま、気付かないことが多いのです。

 
離婚後、何かのきっかけで知った場合ですが、離婚をしてから2年以内であれば、財産分与を請求することが可能です。

 

 
もし気付いたのが、離婚をしてから2年が経ってしまった後だった場合は財産分与として請求できなくなりますので、財産分与時に隠されなかったら得られたであろう利益分を、不法行為に基づく損害賠償として請求することが可能です。

 

Comments are closed.