配偶者名義の預金は財産分与の対象か

離婚して財産分与をする時、分与の対象となる財産は共有財産といって夫婦の協力によって得られた財産でして、夫婦の協力で得られていない財産は分与の対象外です。だから婚姻中に作られた財産は全部財産分与の対象になります。

それで名義が有ったとしても婚姻中に作られた財産で有れば財産分与の対象になります。住宅が夫名義であっても離婚になって財産分与の時には財産分与の対象になります。だから配偶者名義の預金は財産分与の対象になります。

 

 

 

しかし婚姻前から有する資産や、相続や贈与で得た資産は分与の対象外でして、それらの特有財産は分離して計算する必要が有ります。ただ特有財産が共有財産と混ざっていて特有財産の額が分からなければ、それらは話し合いで決めることになります。

さすがに通帳なら印字で婚姻前の日に入金された分がわかるから、それから判断することが出来ます。しかしその婚姻前の古い通帳が無ければ、記録が証明されないから、必然的に話し合いで決めることになります。話し合いでは毎月の入金額が通帳に印字されていますからその入金の記録で計算をします。

ただこの計算方法もあいまいで、正確にはわからないので、夫婦間である程度妥協して財産分与を決める必要が有ります。

 

Comments are closed.