入籍前の同棲期間中に貯めた財産は財産分与の対象か

これは、同棲期間の内容によって異なります。例えば、婚姻関係を結ぶつもりがまだなく、ただ男女が同居している状態の「同棲」であれば、男女の一時的な共同生活としてしか法的にはみなされないため、財産分与、慰謝料などの権利義務は発生しません。しかし、内縁関係にあったと認められれば、法律上の夫婦とほぼ同様の権利義務が発生するため、財産分与についても対象になります。そのためには、入籍前にすでに内縁関係であったと判断できることが必要です。
 

内縁関係とは、婚姻の意志を持って男女がほぼ夫婦と同然の生活をしており、社会的にも夫婦同然であることが認められるにもかかわらず、婚姻の手続きを行っていない状態のことをさします。この「社会的に夫婦同然と認められる」条件としては、まず夫婦同然に暮らすという意志が共同生活を送っている男女双方にあること、長期にわたり同棲していること、家計が一体化していること、家事が分担して行われていること、双方の親族についての冠婚葬祭への出席等があります。これら以外にも、様々な事情を加味して総合的に内縁と認められるかどうか判断されることとなります。
 

これらの判断により、内縁であったと認められる期間については、離婚の際の財産分与にも反映されます。

Comments are closed.