住居を購入する際、配偶者の両親に出してもらった頭金は財産分与の対象になるのか

離婚になった時の財産分与ですが、財産分与の対象になるのは共有財産として婚姻中に作られた財産ということで、不動産や、預貯金、有価証券、車などの動産、保険の解約返戻金、退職金、年金などです。そして住宅ローンとかの負債や生活費で借りたカードローンなども分与の対象になります。

 

そして分与の対象にならないのが特有財産といって、婚姻前から有する財産や、婚姻中に相続や贈与で得た財産は分与の対象にはなりません。だから住居を購入する際、配偶者の両親に出してもらった頭金は贈与に該当しますから、財産分与の対象にはなりません。

 

それで財産分与の時は住宅の時価から住宅ローンの残額を引いて実際の住宅の価値を決めますが、この場合は住宅の時価から贈与分を引いて計算します。そして出た金額がプラスならそれを配分して、贈与分を配偶者に上乗せして住宅をどちらが取得するか決めます。

 
逆にマイナスになるならばそのマイナスを二人で配分してどちらが住宅を保有するかを決めます。この場合配偶者側は配分を受けたマイナスに贈与分を足してマイナスを減らし、その減った分を自身が払うことになります。それで計算がややこしくなるなら、贈与分を他の財産分与で調整すれば、ローンの分配もわかりやすくなります。

Comments are closed.